多飲、多尿

p4-8_img01.jpg 多飲、多尿は、鳥類の診療においてしばしば遭遇する症状の一つです。鳥の尿には水分尿と尿酸の2つがありますが、ここで言う多尿とは水分尿が多いことです。しかし鳥は尿と糞便を同時に排泄するため、排泄された水分が全て純粋な尿とは限りません。 下痢の場合、腸管から分泌された水分が排泄されることもあります。
 多尿がみられる場合、多くの飼い主の方は、下痢であると勘違いしています。実際に下痢の場合もありますが、多くは便の形状を保っており、その周囲に浸み込む水分が多い状態を指しています。
 鳥の正確な尿量を測定することは困難なため、多尿の定義は不確定ですが、体重の20%以上の水を飲み、ほとんどの便の周囲に1cm異常の水分が浸み込んでいれば、多尿と判断していいでしょう。

(1) 食事性の多飲、多尿

 全ての多飲、多尿が病気というわけではありません。食事内容によっては、飲水過多となり多尿を示すこともあります。
 ペレット食の場合、飲水しながら食べる個体やペレットを水に浸して軟らかくして食べる個体がいます。この場合必然的に飲水量が増加します。
 挿し餌中の幼鳥は、挿し餌の作り方で尿量が変化します。水分が多く含む挿し餌をした場合、尿量が増加します。
 果物や野菜といった水分を多く含む食物を多く摂取する個体は、多尿となることがあります。また塩土過食による塩分摂取過多や繁殖期用ペレットの常食による蛋白質摂取過剰も多尿の原因となります。

(2) 生理的な多飲、多尿

 生理的な変化によっても多飲、多尿となることがあります。換羽期は甲状腺ホルモンが多量に分泌されるため代謝率が増加し、肝臓において蛋白質合成が盛んに行われることの結果として多尿となります。
 雌の繁殖期、特に発情期はエストロジェンの影響で血中カルシウムが増加し、多尿が引き起こされます。また産卵のため摂取量が増加し、多量の代謝水が産生されます。肝臓においても蛋白質の合成が盛んに行われ、その結果として多尿となります。
 ストレス、興奮、恐怖といった精神的ストレスは心拍数を増加させ、腎血流量の増加から多尿となります。また緊張により交感神経が興奮して口渇感を生じ、心因性の多飲を引き起こすこともあります。
 インコ・オウム類の雄は、発情期になると求愛行動の一つとして吐出することが多く、セキセイインコやコザクラインコなどで顕著にみられます。吐出がひどい場合は、吐くために多飲をし、結果として多尿となることがあります。
 環境温度が上昇した場合は、飲水量が増加し多尿となります。また低い場合には、呼気への不感蒸散が減少するため、尿の産生量が通常よりも増加し多尿となります。

(3) 鳥種による多飲、多尿

  飼い鳥の中でも、オトメズグロインコやゴシキセイガイインコのようなローリー/ロリキート類は水分を多く含む果物を好み、また飲水量もかなり多いため、多量の水分尿を排泄します。

(4) 多飲多尿の鑑別診断

 多飲、多尿を示す疾患には、大きく分けて腎疾患と全身性/代謝性疾患があります。これらの診断は、犬猫の診断手順に準じて行われるべきですが、腎疾患の確定診断には腎生検が必要です。しかし国内において、臨床の場で鳥の腎生検は行われていません。鳥の腎疾患の診断は非常に困難であり、犬猫の腎疾患とは異なる病態も多く、多くは暫定診断にて治療を行わなければなりません。

(5) 飲水頻度と量

 水の飲み方は、病的な多飲かを判断する上で重要です。病的な多飲の場合、時間や環境、食事に関係なく、常に水を摂取していることが多いです。これに対して食事性や生理的な場合は、水を飲むのは一時的に多いか、食事の度に飲むなど常に水を多く摂取しているわけではありません。また水を摂取する量も、病的な場合の方が多く、体重の20%以上、場合によっては50%以上摂取することもあります。

(6) 排尿頻度と量

 排尿の回数は、病的な多尿かを判断する上で重要です。病的な多尿の場合は、排便の度に多量の尿が含まれ、尿のみの排出も頻回に行われます。食事性の場合は、食事内容と量に影響されるため、毎回多尿とは限りません。生理的な場合も排便の度に多尿ですが、病的な場合と比べれば、排尿量が少ないです。病的な多尿では、床敷きに水をこぼしたと勘違いするくらいの排尿量となることもあります。

(7) 身体検査(ファーストステップ)

 生理的変化や他の臨床症候を伴っていないかを調べるために、身体検査を行います。身体検査は多飲 、多尿の鑑別診断をするためのファーストステップです。

発情期の雌
 発情期の雌は、恥骨間が拡大し、腹部筋肉が弛緩しています。これらの変化は、腹部を触ることによって容易に判断することができ ます。発情期は、エストロジェンの影響により血中カルシウムが上昇し、生理的多尿を示しますが、持続発情によって血中カルシウムの高値が継続した場合、高カルシウム血症性腎症を引き起こす可能性があ ります。

換羽期
 換羽は観察だけでなく、触ることによって全身に筆毛があることで確認することができます。換羽期には生理的多尿がみられ ます。

脱水
 鳥は食欲低下によってすぐに脱水を示しますが、食欲があるにもかかわらず脱水を伴っている場合は、病的な多飲 、多尿である可能性が高いです。特に持続する蛋白尿による血清蛋白の低下は、慢性的な脱水の原因とな ります。脱水は、皮膚の弾力性低下、脚色の暗色化、眼球の陥没などによって判断します。
 急性の重度な脱水は、尿路閉塞や重金属中毒症、敗血症などにみられます。

腹部膨大
 雌の発情期は軽度に腹部膨大が起こりますが、卵管内に卵がある場合には注意が必要です。卵管口が開かずに難産となった場合、排便だけでなく、排尿も阻害される場合があ ります。特に片側性の尿路閉塞を起こした場合、多尿となることが多いです。
 腹水を伴う腹部膨大がみられる場合には、卵管炎や卵黄性腹膜炎による敗血症を起こしている可能性があ ります。腹水を伴わない腹部膨大がみられる場合には、腎臓腫瘍を起こしている可能性があります。
 肥満によって皮下脂肪および後肝臓中隔脂肪が沈着し、腹部膨大がみられる場合には、脂肪肝による肝機能低下を起こしている可能性があ ります。

痛風結節
 痛風結節は、インコ類、特にセキセイインコに多くみられ、ブンチョウなどのフィンチ類でにはみられません。痛風結節は、趾関節、中足関節、足根関節に出現し 易く、白色から淡黄色のチーズ様の尿酸結晶が貯留した状態です。痛風結節の出現は、尿細管上皮障害を示してい ます。

歩行異常
 脚の片側または両側性の不全または完全麻痺は、腎臓腫瘍の可能性があります。これは坐骨神経が腎臓 の下を通っているため、腫瘍化によって圧迫を受け、麻痺が起こります。

(8) 尿検査(ファーストステップ)

 鳥の尿検査は、主に水分尿の評価を行います。水分尿は、床敷きが紙だと吸い込まれてしまい検査ができないので、来院時にはラップを敷いて行くようにします。
 水分尿は、糞便や尿酸をなるべく吸わないよう注射器あるいはピペットにて採取を行います。採取した水分尿は、ディップスティック検査を行います。

ディップスティック検査と尿比重
 検査結果は哺乳類と評価が異なるため注意が必要です。下記の表に正常値と異常値および判定不可の原因を示します。

項目 正常 異状 原因
尿糖 - ±以上 高血糖、尿細管再吸収不全
尿蛋白 - ±以上 糸球体腎炎
PH 6.5-7.0 低い
高い
アシドーシス、尿酸血症
尿細管性アシドーシス
ビリルビン - ±以上 糞便由来
ウロビリノゲン - ±以上 糞便由来
比重
(屈折計推奨)
1.005-1.020 低い
高い
多くの多尿
糖尿病
亜硝酸 判定不可   糞便由来の疑い
潜血 判定不可   糞便由来?
白血球 判定不可   糞便由来?

 尿糖は検出されないのが正常です。尿糖が±以上検出された場合は、高血糖または尿細管再吸収不全が考えられるため、血糖値の測定を行い鑑別すべきです。

尿蛋白は±までが正常です。尿蛋白が+以上検出された場合は、糸球体濾過異常が考えられ、糸球体腎炎を疑います。

 一般的な飼い鳥のPHは、6.5-7.0が正常です。PHが酸性に傾いている場合は、アシドーシスや尿酸血症が疑われます。PHがアルカリ性に傾いている場合は、H+排泄障害による尿細管性アシドーシスが疑われます。

 ビリルビンは検出されないのが正常です。鳥の胆汁色素はビリベルジンのため、もし尿中にビリルビンが検出された場合は、腸内細菌によりビリベルジンがビリルビンに還元されたためと考えられます。よってビリルビンの検出で肝疾患の診断をすることもできません。

 ウロビリノゲンは検出されないのが正常です。ウロビリノゲンが検出された場合、腸内で発生したビリルビンが、さらに分解されたためと考えられます。

 尿比重は、ディップスティック試験紙では正確ではないため、屈折計を用います。一般的な飼い鳥の尿比重は1.005-1.020です。尿比重が低い場合は、尿細管再吸収不全が考えられます。尿比重が高い場合は、尿糖出現や尿酸混入が考えられます。

 亜硝酸は検出されないのが正常です。検出された場合は、糞便由来が疑われます。

 潜血は必ず反応するため、判定不能です。なぜ検査紙が反応するかは不明です。よって検査紙では血尿の診断はできません。

 白血球も必ずではないが、反応することが多く、判定不能です。なぜ検査紙が反応するかは不明です。よって検査紙では白血球の存在を確認することはできません。

(9) 血液検査(セカンドステップ)

  血液検査は、多飲、多尿を鑑別診断する上で最も多くの情報を与えてくれる検査です。強い脱水症状がみられなければ、早期に行うことが推奨されます。

総白血球数
 総白血球数およびヘテロフィル、単球の上昇は、炎症が存在する可能性を示唆しており、主に感染性の腎炎、肝炎、膵炎や敗血症などによる多飲、多尿が疑われます。

血糖値
 尿糖の出現があった場合は、血糖値の上昇が伴っているかを確認する必要があります。血糖値の上昇が伴っている場合は、多飲、多尿の原因は糖尿病であると診断できます。血糖値に異常がなければ、尿細管の再吸収不全を疑うことができます。

肝機能
 鳥の肝機能を評価する際に測定される生化学項目には、AST、GGT、LDH、総胆汁酸、CPK、総コレステロールがあります。
 鳥は肝障害時初期にはLDHが上昇し、中期以降はASTが上昇します。AST、LDHともに特異性、感受性が高いわけではないですが、上昇の際には常に肝疾患を疑わなければなりません。
 CPKは、骨格筋、心筋、神経の障害を示す値ですが、AST、LDHの上昇時の由来の鑑別として測定されるべきです。
 GGTは、胆道疾患時に上昇し、特異性が高いが感受性は低いです。
 総胆汁酸は、最も純粋な肝機能を示しており、AST、LDHの上昇がなくても、総胆汁酸の上昇によって肝疾患を診断できます。
 総コレステロールの上昇は、コレステロールを多く摂取することの少ない鳥では、食事性は考えられず、多くは排泄障害による上昇です。肝酵素の上昇がみられなくても総コレステロールの上昇がみられた場合は、常に肝疾患を疑わなくてはなりません。

腎機能
 鳥の腎機能を評価する際に測定される項目には、尿酸、アミラーゼ、ALP、カルシウム、リンがあります。 
 尿酸は、近位尿細管で分泌によって排泄されています。よって尿細管上皮障害が尿酸上昇の主な原因です。しかし腎臓の70〜80%以上に障害が出なければ上昇しないことから、検査の感受性が低いです。よって尿酸値が正常であっても腎疾患を否定することはできません。
 アミラーゼは、腎臓から素早く排泄されるため、上昇は腎機能低下を示します。しかし鳥は常に食物を摂取しているため、食事性や膵炎性の上昇との鑑別には、空腹時に複数回検査する必要があります。
 鳥は多尿によって、その原因にかかわらず容易にカルシウムを尿中に漏出します。これによる血中カルシウム低下は副甲状腺を刺激し、パラソルモンの分泌が促進されます。パラソルモンは骨に作用し、破骨細胞が活性化され骨の再吸収が起こり、血中カルシウムが補正されます。またパラソルモンは腎臓に作用し、リンの再吸収を抑制するため、血中リンの低下が起こります。この病態は腎性2次性副甲状腺機能亢進症といい、破骨細胞に多く含まれるALPが血中で上昇します。

(10) レントゲン検査(セカンドステップ)

腎臓の評価
 鳥の腎臓は、レントゲン検査において腫脹やデンシティの上昇といった変化が出ることが多く、腎臓の状態を推察する上で、必ず行っておきたい検査です。しかし他の体腔内臓器の膨大があった場合、コントラストが不明瞭となるため、腎陰影が確認できない場合は、消化管造影を行うこともあります。腎臓が大きく腫大している場合は、腎腫瘍が疑われます。

肝臓の評価
 肝疾患が疑われる場合は、レントゲン検査による肝陰影の評価を行います。鳥にみられる肝疾患には、脂肪肝、感染性または非感染性肝炎、ヘモクロマトーシスなどがあります。これらに疾患では、多くの場合肝陰影の増大が認められます。しかし肥満や腸管の膨大、卵管の発達などは、見かけ上の肝臓陰影増大が起こるため注意が必要です。

金属片の有無
 中毒性腎症、特に重金属中毒症が疑われる場合には、レントゲン検査が有用です。消化管内の金属片の存在により、確定診断ができます。

多飲、多尿がみられる病気
腎疾患 ビタミンA欠乏性尿細管上皮化生
腎性痛風
腎炎
感染性腎炎
腎腫瘍
高カルシウム血症性腎症
中毒性腎症
尿路閉塞
全身性/代謝性疾患 糖尿病
肝疾患
膵炎
敗血症

腎疾患

糖尿病
原因  穀食鳥の膵島はα細胞が50%、β細胞が37%から成っています。人の場合は、α細胞が20%、β細胞が70%す。また穀食鳥のインシュリンに対する血漿グルカゴン比率(G/I比)は、哺乳類の5〜10倍高いことが分かっています。このことから鳥類の血糖値は、グルカゴンが優位に調節を行っていると考えられており、鳥類の糖尿病はグルカゴンの分泌過剰が原因といわれてきました。しかし実際には、グルカゴンの上昇を伴わず、インシュリンの分泌低下したインシュリン依存性の糖尿病も存在しています。
 発症の要因は不明な点が多く、遺伝、ヘルペスウイルス性膵炎、卵黄性腹膜炎による膵臓障害などが言われています。また黄体ホルモン剤や副腎皮質ホルモン剤によっても一過性の糖尿病が誘発されることもあります。
発生  セキセイインコ、オカメインコ、コンゴウインコ、ボウシインコ、ヨウム、オオハシ、ハトなどのいくつかの種で報告されています。臨床の場で遭遇することの多い鳥種は、セキセイインコとオカメインコです。
症状  鳥類における糖尿病の症状は、哺乳類におけるそれに類似しています。重度の多飲多尿がみられ、水入れ内の水をほとんど飲み、床は水を溢したほど濡れていることが多いです。高浸透圧による血液希釈が起こるため、相対的な貧血がみられることから血色が薄くなります。
 高血糖の他、高脂血症、肝酵素の上昇、血清カルシウムとリンの低下およびALPの上昇を特徴とする腎性2次性副甲状腺機能亢進症などがみられます。
診断 尿糖の出現と共に、高血糖により本症を診断します。
治療  インシュリン依存型であれば、インシュリンによる血糖値のコントロールが可能とされていますが、セキセイインコやオカメインコのような小型鳥では、日に数回の採血は不可能なことから、初期のインシュリン投与量の特定が困難です。また飼い主が鳥に毎日注射を行うことも困難なことからも筆者は、インシュリンによるコントロールを試みてはいません。よって経口血糖下降剤によるコントロールを行いますが、血糖値を正常な範囲に調節することは困難です。


肝疾患
原因 鳥類の肝疾患には、脂肪肝症候群、感染性肝炎、肝臓腫瘍、ヘモクロマトーシスなどがあります。鳥類も哺乳類同様、肝疾患時には多飲多尿となります。
症状  軽度〜中等度の多飲多尿がみられます。肝疾患の症状には、黄色から緑色の尿酸の排泄、嘴および爪の脆弱化と出血斑、羽毛変色や変形などの羽毛形成不全などがみられます。
 血液生化学検査では、程度にもよりますがAST、LDH、GGT、総胆汁酸、NH3、TCHO、TGの上昇がみられます。また感染性肝炎では、白血球の上昇がみられます。
診断  脂肪肝症候群では、肝細胞に障害が出ない限り肝酵素が上昇することはありません。しかし高脂血症は必発であり、特にコレステロールの著しい上昇がみられることが多いです。
 感染性肝炎では、肝酵素の上昇と共に白血球の上昇がみられます。また遺伝子検査によりPBFD、BFD、ヘルペスウイルス病、鳥クラミジア症の診断ができ ます。
 肝臓腫瘍は、肝臓の硬結、レントゲン検査による重度の肝腫大にて暫定診断を行います。
治療  治療には、病気により肝庇護剤、利胆剤、高アンモニア血症治療薬、高脂血症治療薬、副腎皮質ホルモン剤、抗生物質などが用いられます。


膵炎
原因  膵炎の原因には、高脂肪食の常食、卵黄性体腔炎からの波及、ヘルペスウイルス・アデノウイルス・クラミジアの感染などがあります。
症状  多飲多尿のほか、膵外分泌不全による便中への未消化澱粉・未消化脂肪の出現、下痢、嘔吐、腹痛などがみられます。
診断  糞便のヨード染色による未消化澱粉の検出、ズダンV染色による未消化脂肪の検出、血液検査によるアミラーゼ・白血球の上昇により診断します。感染による膵炎は診断が困難でです。
治療  ひまわりの種や麻の実などの高脂肪食を常食している場合は、食事改善を行います。
 卵黄性体腔炎がある場合は、体腔内卵材除去や卵管摘出など外科的処置を行います。
 糞便に未消化澱粉や脂肪が出る場合には、消化酵素の投与を行います。


敗血症
原因  敗血症とは、血液中に細菌やその細菌が産生する毒素が入り込んだ状態です。全身性の感染症や雌鳥の卵管炎や卵黄性腹膜炎などに伴って起こります。
症状 p4-8_img04.jpg 食欲元気の低下、膨羽がみられます。水分尿が多くなり、尿酸は緑色〜黄色になります。脱水症状により血色が悪くなります。
診断  敗血症は、主原因となる病気に付随して起こるものです。敗血症を診断するには、血液検査による白血球の上昇や血液培養による細菌の検出が必要ですが、多くの場合は尿酸の緑色化などの症状をみて敗血症を予測します。
治療  主原因となる病気の治療とともに抗生物質の投与を行います。

全身性/代謝性疾患

ビタミンA欠乏性尿細管上皮化生
原因  穀食鳥の膵島はα細胞が50%、β細胞が37%から成っています。人の場合は、α細胞が20%、β細胞が70%す。また穀食鳥のインシュリンに対する血漿グルカゴン比率(G/I比)は、哺乳類の5〜10倍高いことが分かっています。このことから鳥類の血糖値は、グルカゴンが優位に調節を行っていると考えられており、鳥類の糖尿病はグルカゴンの分泌過剰が原因といわれてきました。しかし実際には、グルカゴンの上昇を伴わず、インシュリンの分泌低下したインシュリン依存性の糖尿病も存在しています。
 発症の要因は不明な点が多く、遺伝、ヘルペスウイルス性膵炎、卵黄性腹膜炎による膵臓障害などが言われています。また黄体ホルモン剤や副腎皮質ホルモン剤によっても一過性の糖尿病が誘発されることもあります。
発生  セキセイインコ、オカメインコ、コンゴウインコ、ボウシインコ、ヨウム、オオハシ、ハトなどのいくつかの種で報告されています。臨床の場で遭遇することの多い鳥種は、セキセイインコとオカメインコです。
症状  鳥類における糖尿病の症状は、哺乳類におけるそれに類似しています。重度の多飲多尿がみられ、水入れ内の水をほとんど飲み、床は水を溢したほど濡れていることが多いです。高浸透圧による血液希釈が起こるため、相対的な貧血がみられることから血色が薄くなります。
 高血糖の他、高脂血症、肝酵素の上昇、血清カルシウムとリンの低下およびALPの上昇を特徴とする腎性2次性副甲状腺機能亢進症などがみられます。
診断 尿糖の出現と共に、高血糖により本症を診断します。
治療  インシュリン依存型であれば、インシュリンによる血糖値のコントロールが可能とされていますが、セキセイインコやオカメインコのような小型鳥では、日に数回の採血は不可能なことから、初期のインシュリン投与量の特定が困難です。また飼い主が鳥に毎日注射を行うことも困難なことからも筆者は、インシュリンによるコントロールを試みてはいません。よって経口血糖下降剤によるコントロールを行いますが、血糖値を正常な範囲に調節することは困難です。


肝疾患
原因 鳥類の肝疾患には、脂肪肝症候群、感染性肝炎、肝臓腫瘍、ヘモクロマトーシスなどがあります。鳥類も哺乳類同様、肝疾患時には多飲多尿となります。
症状  軽度〜中等度の多飲多尿がみられます。肝疾患の症状には、黄色から緑色の尿酸の排泄、嘴および爪の脆弱化と出血斑、羽毛変色や変形などの羽毛形成不全などがみられます。
 血液生化学検査では、程度にもよりますがAST、LDH、GGT、総胆汁酸、NH3、TCHO、TGの上昇がみられます。また感染性肝炎では、白血球の上昇がみられます。
診断  脂肪肝症候群では、肝細胞に障害が出ない限り肝酵素が上昇することはありません。しかし高脂血症は必発であり、特にコレステロールの著しい上昇がみられることが多いです。
 感染性肝炎では、肝酵素の上昇と共に白血球の上昇がみられます。また遺伝子検査によりPBFD、BFD、ヘルペスウイルス病、鳥クラミジア症の診断ができ ます。
 肝臓腫瘍は、肝臓の硬結、レントゲン検査による重度の肝腫大にて暫定診断を行います。
治療  治療には、病気により肝庇護剤、利胆剤、高アンモニア血症治療薬、高脂血症治療薬、副腎皮質ホルモン剤、抗生物質などが用いられます。


膵炎
原因  膵炎の原因には、高脂肪食の常食、卵黄性体腔炎からの波及、ヘルペスウイルス・アデノウイルス・クラミジアの感染などがあります。
症状  多飲多尿のほか、膵外分泌不全による便中への未消化澱粉・未消化脂肪の出現、下痢、嘔吐、腹痛などがみられます。
診断  糞便のヨード染色による未消化澱粉の検出、ズダンV染色による未消化脂肪の検出、血液検査によるアミラーゼ・白血球の上昇により診断します。感染による膵炎は診断が困難でです。
治療  ひまわりの種や麻の実などの高脂肪食を常食している場合は、食事改善を行います。
 卵黄性体腔炎がある場合は、体腔内卵材除去や卵管摘出など外科的処置を行います。
 糞便に未消化澱粉や脂肪が出る場合には、消化酵素の投与を行います。


敗血症
原因  敗血症とは、血液中に細菌やその細菌が産生する毒素が入り込んだ状態です。全身性の感染症や雌鳥の卵管炎や卵黄性腹膜炎などに伴って起こります。
症状 p4-8_img04.jpg 食欲元気の低下、膨羽がみられます。水分尿が多くなり、尿酸は緑色〜黄色になります。脱水症状により血色が悪くなります。
診断  敗血症は、主原因となる病気に付随して起こるものです。敗血症を診断するには、血液検査による白血球の上昇や血液培養による細菌の検出が必要ですが、多くの場合は尿酸の緑色化などの症状をみて敗血症を予測します。
治療  主原因となる病気の治療とともに抗生物質の投与を行います。
▲このページのトップに戻る