糞便、尿の異常

鳥は哺乳類と違い、排泄孔が肛門と尿道口に分かれておらず、1つの排泄孔より糞便と尿が同時に排泄されます。また鳥の尿には、固形尿(尿酸)と水分尿があるため、多尿と下痢を混同したり、血便と血尿を混同したりといった間違いが起こりやすくなります。ですから糞便、尿の異常を見分けるには、まず鳥の排泄物に対して適切な評価ができるようにならなければなりません。
 鳥の正常な糞便の形状は、種類や食餌によって様々ですが、ここでは主にセキセイインコやオカメインコクラスの小型のインコ類とブンチョウやキンカチョウなどのフィンチ類の糞便肉眼的な所見について解説します。病院で行う顕微鏡検査所見に関しては、糞便検査の項を参照して下さい。
 これらの鳥の糞便の色は、種子食の場合、黄褐色〜深緑色であり、ペレット食では、無着色の物では黄銅色〜黄褐色、着色の物ではその着色料の色に左右されます。また脂肪種子を多く摂取している場合は濃緑色になることもあります。
 固形尿は糞便に付着して排泄されますが、インコ類では通常巻いた糞便の中心に付着し、フィンチ類では、根棒状からコンマ状の便の表面に付着しており、色は白色です。インコ類やフィンチ類の水分尿の排泄は少なく、多尿が続く場合は異常である可能性が高くなります。ローリー、ロリキート類では、正常でも大量の水分尿を排泄します。

(1) 下痢便と多尿

p4-7_img01.jpg 下痢便とは、便の形状が崩れドロドロになった状態を言います。多尿とは、水分尿が多いことであり、下利便とは異なり、便の形状はあるが、周りに浸み込む水分が多い場合を言います。多くの方が、多尿の状態を下痢と勘違いしていることが多く、特に尿のみ排泄したものを下痢と勘違いする傾向があります。
 しかし場合によっては、下痢でなくても多量の水分尿により便の形状が崩れてしまっている場合やペレット食で水分を多く摂取していると軟便気味となる場合もあります。下痢かどうかの簡易的な判定の仕方は、真性の下痢であれば、食欲元気が減退し、体重が減ってきます。多尿の場合は、重度の糖尿でない限り、すぐに元気食欲がなくなることはありません。
p4-7_img02.jpg 下痢は、胃腸炎、胃がん、中毒症、腹膜炎、感染症などでみられます。
 多尿は、糖尿病、腎機能障害、肝機能障害、二次性副甲状腺機能亢進症、心因性、食餌性、緊張・興奮、発情中の雌、換羽などでみられます。



(2) 緑色便

p4-7_img03.jpg 糞便の色は、胆汁色素、食物、摂取量、通過速度に影響を受けます。鳥の胆汁色素はビリベルジン という成分で、色は濃緑色です。よって鳥の糞便は緑色が入った色になります。しかし鮮やかな濃緑色で、かつ軟便の場合は異常です。このような便が見られた場合は中毒が疑われ、特に鉛などの重金属中毒症のことが多いです。このような疑いがあった場合は、必ずレントゲンを撮っ て確認する必要があります。
 その他緑色便の原因としては、摂取量の減少や感染症、着色料や多量の青菜の摂取などが考えられます。

(3) 白色便

p4-7_img04.jpg 便が白い場合は、デンプン(炭水化物)の消化ができていないことを示していることが多いです。鳥のデンプンの消化は、哺乳類と同様にアミラーゼという消化酵素によって行われています。白色便が出るということは、膵臓から消化酵素が出ていない可能性があります。白色便は通常形状を保っていますが、高浸透圧性の下痢を起こすと形状がくずれ、水分過多便となることがあります。
 ブンチョウなどのフィンチ類では、便周囲に尿酸が付着しているため、白く見えることがありますが、便を切ってみて、中の便が正常な色であれば問題ありません。

(4) 黒色便

p4-7_img05.jpg 便が黒い場合には、上部消化管(特に胃)で出血している可能性があります。上部消化管出血の原因には、細菌、ウイルス、カンジダ、メガバクテリアなどの感染による胃炎や胃がん、中毒、グリット過剰摂取、肝不全による出血傾向などが考えられます。
 また鳥の摂取量が減少した時にも、緑色便ではなく、黒色便になることがあります。


(5) 血便

p4-7_img06.jpg 便に鮮血が混入している場合、総排泄腔内または下部消化管から出血しており、総排泄腔内の炎症または腫瘍、産卵後の卵管口裂傷、下部消化管内の炎症または腫瘍、重金属中毒症、肝不全による出血傾向、雄鳥の過剰な自慰行為、外傷などが考えられます。




(6) 完穀便、全粒便

p4-7_img07.jpg 完穀便、全粒便とは、穀粒がすり潰されず、不完全または完全な状態で便に混入した状態です。鳥類は歯を持たないため、食物を丸呑みにしています。よって穀類のような硬い食物を摂取する鳥種では筋肉が発達した筋胃を持っており、この中でグリット(胃内に停留する砂)と共に穀物をすり潰しています。完穀便、全粒便が出るということは、この筋胃に障害があることを示しており、カンジダ、メガバクテリア、寄生虫等の感染胃炎や胃がん、胃の蠕動異常などが考えられます。

(7) グリット便

 グリットとは、筋胃内に停留する砂のことで、多くの場合、ボレー粉や塩土などの鉱物飼料である。グリットが便に出てくるということは、食べ過ぎているか、蠕動亢進により筋胃内より流出していることを示しています。グリットが筋胃内に過剰に停留すると吐き気が出ることがあります。

(8) 大型便

 便の大きさが通常より大きい場合、発情中の雌鳥であれば正常です。雌鳥は、繁殖行動中は巣箱の中にこもることが多いため、総排泄腔の糞洞が拡張し、便を貯めてから排泄するようになります。この現象は、エストロジェン分泌性の精巣腫瘍でもみられ、この場合雄でも大型便をするようになります。
 また脊髄の障害や腹腔内のマス、腹壁ヘルニアによる排便障害時も大型便になることがあります。この場合、大量の便の貯留によって総排泄腔が拡張します。(メガクロアカ)自力で出せない場合には、指で圧迫して排便をさせる必要があります。

(9) 黄色尿酸

p4-7_img08.jpg尿酸の黄色化がみられた場合は、感染性肝炎または脂肪肝症候群などによる肝細胞障害が考えられます。血液検査による肝機能検査が必要です。





(10) 緑色尿酸

p4-7_img09.jpg尿酸の緑色化が見られた場合は、溶血を伴う急性感染性肝炎、溶血を伴う敗血症などが考えられます。敗血症は、雌鳥の卵管炎、腹膜炎によくみられます。





(11) 赤色〜オレンジ色尿酸

p4-7_img10.jpg 尿酸が赤色〜オレンジ色化している場合は、心疾患を患う鳥の心拍数が亢進し溶血が起こった場合や過度に動いたことによる筋肉の損傷、重金属中毒症による溶血などが考えられます。



(12) 赤色尿

p4-7_img11.jpg 水分尿が赤色をしている場合は、重篤な溶血により血色素が尿中に出てきていることを示唆します。ボウシインコの重金属中毒症でみられることがあります。





(13) 異常臭気

正常な鳥の便は、ほとんど臭うことはありません。もし異臭がするようであれば、腸内細菌叢の異常や排便障害等により総排泄腔内に長時間留まっていることを示しています。
 時には、雌の発情時のみ臭いが出ることもあります。これは、発常時の雌は、便を貯めて排泄するため、総排泄腔内に留まっている時間が長いことが原因となっています。
 異臭がある糞便からは、クロストリジウムという細菌が検出されることが多く、この菌は鳥には無害でも、人の食中毒の原因になることがあるので注意が必要です。


糞便検査についてはコチラ   多飲・多尿についてはコチラ

▲このページのトップに戻る